2010年05月31日

「されど負けは負け」国際親善試合 日本vsイングランド(1-2)

韓国戦より空気は多少良くはなったけど、今までが今までだけにようやくスタートライン。

前半、新しい守備システムが機能していたのは、サイドバックを最初から上げることをやめて、阿部がアンカーに入ることで、遠藤と長谷部が高いポジションをとれることによりこぼれ球を拾えるようになったことと、イングランドがテストマッチということでちんたらモードだったことが大きい。

こんなにパスミスしませんからねイングランドは。

まあ、アンカーが阿部ということで、低い位置からのビルドアップに遠藤がいちいち下がってもらうということがなくて球出しがスムーズなのも大きい。

さて、問題は後半。

さすがにカペッロも怒ったのか、いきなりジェラード・ジョーコール・ショーンライトフィリップスと、思わず「やめてー!」と叫びたくなるような容赦ない選手交代をしてくると、やはり雰囲気が変わった。

オシムが「70分まではどっちがイングランドなんだというプレーをした。」と言っていたように、やはり攻められる時間が多くなって疲弊してくると、遠藤や長谷部が戻るのが遅れて、阿部のサイドのスペースを使われるようになってOGを誘うようなクロスが入ってきちゃう。

「前線に球を収められる選手がいない」と言われたように、やはり岡崎のワントップじゃ時間を稼ぐこともできないと思う。

それに、何でもかんでも選手が後方から上がってきてビルドアップしてというのも疲弊の原因。前の4人だけで素早いパスを繋いでカウンターというのもないとDFが休めない。

後は残り少ない時間でコンビネーションを磨いて、コンディションを整えて・・・・ってことだけど、1年半こんなに試合してようやくスタートライン。

それも、ハエサッカー+中村という奇妙なコンセプトに拘泥した指揮官と、現状認識が足らずに、ゆるーい相手ばっかりとのテストマッチばかり用意して調子こかせちゃったサッカー協会のせい。

しかし、岡ちゃんは今回である程度手ごたえを感じたみたいで、じゃあこのシステムじゃ、俊輔や内田はまったくいらないんですが、今までは何だったんですか?と聞きたくもなるなぁ。

以下、気づいた点。

・大久保は頑張ってたけど、しなくていいファウルが多い。やはりセットプレーはおっかないので勘弁。それと今コンディションがよくて本番に落ちるってことはないよね?
・本田だけど、オシムに「右サイドの運動量が足らない」と指摘されたり、ネット上でボロクソ言われてるけど、まあPKの場面は論外として(笑)、相手の守備ブロックの間に入る動きと、そこでボールをキープできるってのは彼しかいないわけで、はたいたらすぐ動いてスペース作れ!ってことで。
・今更ですが、こういう戦い方をするなら、前線でボールを収めることが出来る前田とか、カウンターが使える達也とか石川をなぜ呼ばない!

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
posted by dekasan at 15:04| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。