2009年09月09日

「ジーコJAPANに元通り」親善試合 日本-ガーナ(4-3)

結果だけなら、現地の日本法人の子供達に恥をかかせなくてよかったね、というだけでお寒い試合。

「後半、怒涛の攻撃で4点!」とスポーツ紙は書くのだろうけど、予選から中2日で長距離移動してきたガーナが後半に勝手にバテただけ。

鬼プレスと0トップ戦法で90分持たせるのは今日はなしで、オーソドックスな4-4-2で、0トップ戦法で中盤に人がごちゃごちゃ集まって、ちょこまかショートパスを繋いでサイドバックが上がってきてクロスをあげて跳ね返されるいつものパターンがなくなって、速いタイミングで裏を突くとか、2列目が飛び出すとか、そういうのが見られてほっとはしたんだけど・・・じゃあ、岡田監督になってからのコンセプトは放棄したの?

するってーと、ジーコJAPANと対して変わりはないはないわけで、たぶんというか、やっぱり攻撃のセンスは選手まかせなんだろうなぁ・・・。

結局、日本には強力な高さや強さを持ったFWがいないので、いくらショートパスを繋げて、サイドから弱いクロスをあげても点にはならないので、2列目の飛び出しを活かすとか、速いタイミングで裏を狙うとかしない。

そして、その構築をあと9ヶ月であらためてやろうと思っても、今まで無駄な戦術を続けてきたのは本当に時間が勿体ないよね。

「90分持たせるだけ」戦法がまた復活しそうな気もするんですが、その機会って次いつよ?

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
タグ:日本代表
posted by dekasan at 21:03| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。