2009年03月18日

「進歩する浦和」浦和-FC東京(3-1)

昨年までの浦和はいわゆる「ベタ引きロングボール戦法」だったのだが、監督がフィンケに変わってから、ボールをテンポよく回し、サポートを速くして、ポゼッションを高めるという方針がこの日は割りとよく出来ていた。

東京は、達也の飛び出しや、エジミウソンの動きについていけず、自然とラインが引きすぎになり、調子に乗った闘莉王のオーバーラップも捕まえきれず、ボールを奪っても繋ぎのミスが多すぎで効果的なカウンターを仕掛けられなかった。

梶山や羽生も消えていた時間帯が多く、この二人が機能しないと長友や徳永の効果的なオーバーラップも見られず、後はカボレの個人技しかないわけで・・・・。

まずは浦和はよい形で初勝利が出来てよかったね。原口と山田直という若い選手を使えて勝てたのも大きい。
で、あとは高原も早くコンディションをあげてもらいたいものだ。

⇒⇒⇒人気blogランキングへ
タグ:浦和レッズ
posted by dekasan at 16:09| Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。